楽器店やリサイクルショップで高く売りたいなら必見!エフェクター買取にまつわる豆知識などをご紹介

エフェクターは楽器店やリサイクルショップなどに売却することができますが、その金額にはそれぞれ違いがあるため良いお店を選ぶことが重要となります。
そのポイントは買取の際に事前に傾向を把握しておくことで、エフェクターの性質や流行などにより買取相場が変動することも認識しておくことが大切です。
これを基準に自ら買取相場を意識することで、安値で買い叩かれることを防ぎ高値売却をすることが可能となります。
特にリサイクルショップではエフェクターの正当な評価をすることができるスタッフが常駐していないことも多いので、この点には注意が必要です。

エフェクター本体を載せるボードも買取の対象になる

エフェクターを使用する際には本体を載せるボードを利用することも多いのですが、これも買取の対象になるので売却する場合には一緒に持ち込むと良いものです。
一般的には本体以外は査定の対象とはならず、そのために持ち込んでも意味がないと考えていることも多いのですが、実際には本体だけではなくその他の様々なパーツも非常に便利なものと評価される場合が少なくありません。
使用する際にこれを用いることで効率的に演奏をすることができることから、中古品で購入をしたいと言う顧客も数多く存在しているので、買取店ではエフェクターボードを積極的に探していると言うところも多くなっています。
エフェクターを売却する場合には、様々な付属品も一緒に持ち込むと思わぬ査定がつく場合もあるため、この点を意識しておくことが良い方法です。
短い接続コードやACアダプターなど、様々な付属品が必要となるためこれらを一緒にすると金額が上がることが少なくありません。

センタープラスのエフェクターを買取に出す際の注意点

センタープラスのエフェクターを買取に出す際には、状態の確認と記録に注意をすることです。
使用している状態を確認をして、キズや汚れ、動作に不具合がないかを注意深くチェックします。
また可能であれば写真を撮っておき、状態を記録しておくことです。
エフェクターにはオリジナルの箱や取扱説明書、ケーブルなどが付属していることがあります。
これらの付属品は評価に影響を与えることがあるため、大切に保管して、完全なセットで提供できると価格が向上する可能性が高いです。
自分のエフェクターが、どれくらいの市場価格で取引されているかを事前に調査しておくことが大切です。
オンラインの中古楽器販売サイトやオークションサイトで類似品の相場を確認し、適正な価格で交渉ができるように準備しましょう。
出す業者を選ぶ際には信頼性や口コミを確認することが重要で、評判の良い業者や専門の楽器買取店を選ぶことで、スムーズかつ公正な取引が期待できます。

人気ブランドのMod系エフェクターの買取も需要がある

既存のエフェクターの部品を変更して音の味付けに変化を与える、これはMod系エフェクターと呼ばれるもので有名メーカーが手掛けている製品が数多く登場してます。
また、電子回路図がインターネットに多数掲載されている関係から、回路図を読むことができるなど電子工作が得意な人は自分でMODを行うことも可能です。
有名メーカーが手掛けているMODはブランドとしての価値があるため、専門店に持って行くことで買取して貰えます。
専門店は、エレキギターやエレキベースの中古品を販売しているお店やこれらの商品を買い付けを専門にしているところの総称です。
いずれも知識が豊富であり、流通させる前のメンテナンスや修理など自社で完結できるので余計なコストをかけることなく流通できる強みを持ちます。
なお、自らMod系のエフェクターにしているものは改造とみなされるため大半の場合が買取を断れてしまいます。
あくまでもブランドのMod系エフェクターに需要があると考えた方が良いです。

マルチエフェクターの買取のときは電源コードを忘れずに

マルチタイプのエフェクターはフロア型とラック型、大きく分けてこの2種類が主流です。
いずれもコンパクトエフェクターよりも膨大な電力を必要としており、そのほとんどが電源コードもしくはアダプター経由で電力を補給しながら稼動させます。
ついつい忘れがちですが、マルチエフェクターとコード・アダプターはセット運用であり買取の際も欠かせません。
査定に出す際には、一緒に出すことを忘れないようにしてください。
ラック型のエフェクターに関しては、シンセサイザーや他の音響機器で使われているコードがそのまま流用できるケースもあります。
一方でフロア型の中で、専用のアダプターを採用しているモデルがありそちらは注意が必要です。
汎用アダプターと端子の形状が合わなかったり、電圧の面で代替がきかない場合があるからです。
近年ではコンパクトタイプのアダプターと共通しているモデルが多いですが、2000年以前の古いモデルを売却する際には注意しましょう。

AC駆動のみのエフェクターはアダプターを付けると買取額が上がりやすい

エフェクターはギターやベースなどの楽器の音を加工し、多彩な音響効果を得るのに使われる重要な機材です。エフェクターにはAC(電源アダプターで動作するタイプ)とDC(乾電池で動作するタイプ)がありますが、中古市場で買取額が上がりやすいのはACです。 まず前者の駆動は、安定した電力供給を受けるため、音質の安定性が高いという利点があります。DCは、乾電池の電圧が徐々に下がっていくため、演奏中に音質が変化することがあります。前者は一定の電力供給を受けるため、安定した音質を提供します。この音質の安定性は、プロのミュージシャンや音楽愛好家にとって非常に重要です。 さらにこの駆動のエフェクターは、電池交換の手間やコストを省くことができます。DCのエフェクターは乾電池を定期的に交換しなければならず、これが継続的なコストと手間を必要とします。電源アダプターを使うことで、安定した電力供給が可能です。これによりコストの削減やエコロジカルな選択としての魅力が高まります。

複数のエフェクターを買取に出すならケーブルなど周辺機器も一緒に依頼しよう

コンパクトを使っていた人がマルチを購入したとき、今まで使っていたコンパクトエフェクターを処分する場合は買取に出すことで現金化ができます。マルチは、オーバードライブなどの歪み系やリバーブ/ディレイなどの空間系、モジュレーション系やイコライザーなど複数のエフェクト機能が1台に集約されているエフェクターです。個別に購入するよりも安いのですが、個別に揃える人はまとめて購入するのではなく欲しいものから順番に購入することからも少ない費用で買い揃えることができますがマルチは1台当たりの値段が高いので予算としては高くなりがちです。 ある程度お金が貯まったら購入したい、このような人も多いかと思われますが、今まで使っていたコンパクトエフェクタを査定に出すときにはケーブル類など周辺機器も処分することをおすすめします。例えば、DCアダプターなどの電源機材はマルチエフェクターを購入すると不要になりますし、エフェクター同士を接続していたケーブルも要らなくなるわけですからまとめて売却するのが最適です。

接点不良があるエフェクターでも問題なく買取ってくれる店は多い

エフェクターの中には限定販売や既に生産を終了しているビンテージものなど、そのモデルでしか出せない音がある場合には貴重な逸品となり、リセールバリューが高くなる傾向にあります。一方、長年にわたって使用していると一定の劣化は避けられず、スイッチ類やコネクターの接合部などに接点不良が生じることがあります。通常、中古品の買取をしてもらう場合は健全に動作することが求められますが、接点不良であることを理由に買取拒否をして貴重な音を失うのは音楽業界全体にとっても大きな損失です。そこでエフェクターを取り扱っている専門店の中には、これらの不良があっても買取をしてくれることがあります。独自の工房を持っていたり専門知識のあるスタッフが所属しており、比較的軽微な不良であれば修理をすることが可能で、接点をよみがえらせることで再び健全性を取り戻し、このモデルでしか出せない音を奏で始めます。自宅で使われないまま眠っていたエフェクターが息を吹き返し、世界のどこかにいる個人やバンドのミュージックライフに役立てられます。

通電しないなど故障の疑いがあるエフェクターは工房が併設されている買取店がおすすめ

一般的には通電しないなど故障の疑いがあるエフェクターは、買い取ってもらうことができません。しかし希少価値が高いものであったり、人気があるものなどはまれに故障していても高額買取が期待できる場合もあります。これはこのような買取店では自ら修理をして販売をすることが可能な場合が多いためです。 これを見分けるためには工房が併設されているかどうかをチェックすることが良い方法となっており、ここで様々なエフェクターの修理を行うことができるのがポイントです。また工房がある場合には修理をすることができるスタッフが常駐していることの証明であり、実際に様々なタイプのものを扱っている可能性が少なくありません。 リサイクルショップ等の場合にはその状態で査定を行うため、買取金額はこの状態でのものとなります。非常に安い金額となってしまうことが多いのですが。楽器店等の場合は市場の価値を充分視野に入れて金額を決定するため、人気の高いものや希少価値の高いものはこれに見合った査定額を提示してくれます。

アーティスト監修のエフェクターは一定の買取需要が見込める

エフェクターの中には、アーティストが自分の好みの音質を再現することを中心に監修をしているものもあります。これはそのアーティストが著名であればあるほど人気が高いものとなっており、その再現を求めるファンの間では注目されるものとなるため、買取需要が見込めるものとなっています。 エフェクターは様々な部品を組み合わせて希望の音色を表現できるようになっており、一般的にはその可変範囲があるため様々な変化を生み出すことができます。しかし中にはその範囲だけでは十分に満足できず、必要な部品を交換することでさらなる変化を狙ったり、あるいは音色自体を変えてしまうといった効果を求めることも少なくありません。エフェクターに詳しい場合には自分で部品を交換し改造を行うことも多く、また自分で知識がない場合には理想の音を求めてエンジニアに改造を依頼すると言うケースも多いものです。このようにして作られたものは希少価値を高く、また本人の再現性も高いことからマニアの間で人気があります、

著者:古田徹雄

筆者プロフィール

埼玉県さいたま市出身。
最近愛用していたエフェクターを買取に出す。
その時の体験を基に、エフェクター買取について記事を書きました。

<管理人推奨のウェブリンク>(広告リンク)
エフェクター買取