コーラスなどモジュレーション系エフェクターは買取相場価格が安定している

コーラスなどモジュレーション系エフェクターは買取相場価格が安定している

モジュレーション系エフェクターは「揺らし系」と呼ばれるもので、コーラス・フランジャー・フェイザー・トレモロ・ビブラートなどの種類があります。ビブラートは専用機といったものが少ないのですが、プロ使用ペダルの中にはビブラート以外にもコーラス・フランジャー・トレモロなどの機能を備えているタイプもありますので探してみると良いでしょう。フェイザーは1960年代にオルガン用スピーカーとして全盛を誇ったエフェクターが1号機といわれていますが。フランジャーはBBD素子による音を遅らせてうねりを出す効果を持つエフェクターで、フェイザーは位相回路を使い低周波発信器でモジュレートするタイプなどの違いがあります。モジュレーション系は中古を購入したいユーザーが多いことから比較的買取相場が安定しているので、買取専門店のホームページに記載されている買取参考価格をチェックしておけばどれくらいの値段で売れるのか把握がしやすいです。

安定している電池駆動のエフェクターを賢く活用

エフェクターには様々な種類がありますが、電池駆動型は安定しています。 エフェクターは電子信号に変換されている音に対して、一定の効果を与えられる機器です。 電子楽器の音も多様に変化させるため、幅広い用途で使われています。 オーバードライブや音の高低を調整できるイコライザー、音量を変化させるコンプレッサーもエフェクターに含まれます。 クラシックやロック、ジャズなど幅広いジャンルの音楽で使われているエフェクターは大きく分けて3種類に分類されます。 音を歪ませて迫力のあるサウンドを作るタイプは、歪み系と呼ばれています。 残響を加えられる空間系や音色を調整する補正系も広く知られ、コンプレッサーやイコライザーは補正系になります。 単体で使用するだけでなく、複数の機器を組み合わせて使用するケースもあります。 複数の機器を組み合わせると、複雑な音色を作り出せます。 ギターの音色も自由に変化させるので、演奏の表現力が広がります。

著者:古田徹雄

筆者プロフィール

埼玉県さいたま市出身。
最近愛用していたエフェクターを買取に出す。
その時の体験を基に、エフェクター買取について記事を書きました。